社会福祉法人 誠求社

海外交流の中心地であった天草西海岸「軍ヶ浦」(戦が浦)の地名が往時を語ります。
歴史と祈りの里、大江天主堂の近くです。

  • もみじ保育園では
  • 園児の一日
  • 園の行事
  • 保護者様へ
  • 配布提供物

園児の一日について

入園児に配布する入園のしおりに保護者の皆様へお伝えしておきたい事項を掲載しております。
延長保育やその他の注意事項などについてご説明しておりますので、あらかじめご一読いただきますようお願いします。

園便り、クラス便り

園と家庭を結ぶ架け橋となるように、毎月1回各家庭に1部ずつ「園便り」、「クラス便り」を発行します。
園だよりで、園の行事予定や連絡事項についてお知らせします。
またクラス便りでは、クラスでの子どもたちの様子やその月の保育のねらいなどを詳しくお知らせします。
行事予定や持ち物などが記載されていますので、どちらも必ず目を通してください。
お便りに関する感想やご意見等をいただければ大変うれしく思います。

入園にあたって

ほとんどのお子さんは初めての集団生活です。新入園児は見知らぬ環境で過ごすことになります。
お子さんが新しい環境や担当保育士に慣れるまで、しばらく時間がかかりますので、お子さんが無理なく新しい環境に慣れるように進めていきたいと思います。
安心してお子様をお預けいただき、お仕事に専念できるよう入所される場合は早めにご相談ください。
ご心配がございましたら、お気兼ねなくお知らせください。

お子さんが集団生活を楽しみ、円滑に過ごすことができるように、特に気を付けていただきたい点を記載しましたのでよろしくお願い致します。

  • 入園当初は生活や環境が大きく変わり、精神的にもずいぶん疲れやすくなります。
    特に新入園児の場合、お子様の状態によっては、しばらく早めにお迎えに来てください。
  • お子様の送迎は必ずご家庭の方がなさってください。ご都合で別の方が来られる場合は、連絡帳か電話でお知らせください。
    事故や犯罪防止のため、ご協力お願いします。
  • 病気やご家庭の都合によりお休みする場合は、午前8時30分までに電話等でご連絡ください。
  • 登園時間は8時30分までとなっています。登園時間によってはお子様がクラスに入りづらく感じたり、活動に集中できない場合があります。
  • 登園、降園時間が遅れる場合も電話でご連絡ください。また午後より降園される場合の午睡時間帯のお迎え、病院受診後の登園はできるだけご遠慮ください。
  • 登園前に朝食・用便の習慣を確立するように努めましょう。特に朝食抜きでの登園は園での活動に支障をきたしますので、朝食は必ずとらせて登園させてください。
  • 当園では、感染症の病気発生を防ぐために、手洗い、うがいの他、エタノール液、オスバン液での消毒による衛生管理を行っています。
    ご家庭でも食事、毎日の入浴、手足のつめ切り、衣類の洗濯、身体に合う衣服や靴の着用などお子様の健康管理に十分なご配慮をお願いします。
  • 緊急時(災害発生時または災害予想時)は、緊急連絡網による電話連絡によりお知らせします。緊急連絡網を各家庭に配布しますので、目の届くところにお貼りいただき、速やかに次のご家庭に連絡してください。
  • 転居、勤務先などが変わった時は、すぐに保育園までご連絡ください。
  • 全園児に出席カードを用意しています。表紙の裏に保護者が記入する欄がありますので、住所・電話番号・緊急連絡先等を必ず記入してください。
  • 全園児に連絡ノートを用意しています。園でのお子様の様子を伝えたり、お知らせしたいことなどを担当が記入します。  ご家庭でもご自由に利用していただき、お子様の様子や楽しいエピソードなどをお知らせください。 また子育てについての不安や悩み事などの相談に応じます。小さなことでもお気軽にご相談ください。
  • 集団生活ですので、お友達とのケンカやトラブルはどの年齢でもあり得ることです。とっさに爪でお友達の顔を引っかいたり、かみついたり・・・。  気を付けていても防げない場合があります。 大きなケガについては別ですが、したりされたりどちらも起こりがちです。「おたがい様」という広い気持ちで子育てしていきましょう。
  • 保育園の管理下で、万一の負傷・疾病・障害または死亡が発生した場合に備えて、独立行政法人日本スポーツ振興センターの災害共済給付制度に全園児加入していただくようお勧めしています。これは国、保育園、保護者の三者による公的共済制度で、保護者様のご負担が少なく便利な制度です。 例年5月初めにご案内しますので、ご同意の上、掛け金をお納めいただきますようお願い申し上げます。

病気等について

お子さんが園で快適に過ごすことができるように、特に当園前と降園後のお子さんの状態に気をつけ、何か変わったことがありましたら必ずお知らせください。 持病のあるお子さんは入所前にお知らせください。
伝染性の病気や、ひきつけ、ヘルニア、脱臼、アレルギー体質等にかかった時は、医師の許可が出るまでお休みさせてください。またその旨を園にお知らせください。

※お気軽にご相談ください。

発熱(38度以上)、下痢、嘔吐等、集団生活が困難な場合は、当園を控えて早めの受診をお願いします。 重症化を防ぐため、また他のお子さんへの感染を防ぐためにも早めの受診が大切です。 特定の病名が診断された場合は、かかりつけの医師の指示に従い、当園の許可が出るまではご家庭での療養をお願いします。

体調不良で早退した次の日は、家庭で一日様子を見ましょう。特に熱発で早退した翌日は、朝からお熱がなくても登園はご遠慮ください。 また前夜および週末の休み中にお熱があった場合、翌朝の体温が下がっていても、体力が弱っている場合があります。 家庭と集団で過ごす園は、環境と必要な活動量が違います。体力、食欲ともに回復するまではご家庭で一日様子を見ましょう。

必要な場合に限り、園でお薬の服用ができます。医師の診断の上、お薬の連絡票に記入して、保護者の方から直接、担任に手渡してください。

  • ※保護者の個人的な判断で持参したお薬、市販のお薬については対応できかねます。
  • ※座薬の使用は原則として行いません。
  • ※お薬の連絡票は、園に用意してありますので、必要な場合はお知らせください。 なお連絡票は当日分のみなっています。ご面倒ですが、その都度ご提出ください。
  • ※慢性疾患の日常における投薬や処置については、保育所保育指針によって、家庭や主治医との連携を密にするよう努めなければならないことになっています。

お子様の症状を見て、必要に応じて主治医の方へ直接連絡をとる場合があります。ご理解の上、事前に主治医にその旨をお知らせくださ い。 お子さんの健康を守るため、ぎょう虫検査を行っています、ぎょう虫によって局部炎症だけでなく睡眠不足、精神不安、学力低下などの弊害を引き起こすこともあります。 入園後、検査用のセロファンを配布しますので、園児全員が期日中に必ず検査を受けられるようにお願いします。

延長保育

通常の保育時間 午前8時~午後4時 上の保育時間の前後において、保育が必要とされるご家庭は、午後7時半まで延長保育を実施しています。 延長保育を利用される場合は、事前に利用申込書をご提出いただくことになっていますので、担当保育士にお知らせください。

通園バス

ご家庭付近で、バスが安全に停車できる場所までお子さんを送迎しております。 その時の天候やお子さんの状態によっては時間帯がずれる場合があります。またお子さんの乗車および降車場所の変更については、その都度対応できないことがあります。 通園バスをご利用のご家庭はご了承の上、お申し込みください。